HOME>レポート>建築業許可の申請で失敗しないためのコツ【行政書士に相談しよう】

建築業許可の申請で失敗しないためのコツ【行政書士に相談しよう】

LAW

建築業許可申請の特徴

建設業には様々な種類があり、建築工事だけでなく土木一式工事や左官工事、内装仕上げ工事など全29種類に分かれています。建設業者は建設業許可を受ける義務があり、元請けはもちろん下請けでも、個人法人を問わず申請が必要となります。正確には請負代金が1件500万円未満の工事や、一式工事でも1件の請負代金が1500万円未満の場合などは申請が要らない軽微な工事とみなされます。小さな仕事をしている分には必要ないとも言えますが、いざ500万円以上の工事が入ってから慌てて許可取得の手続きを始めても遅いでしょう。取得するには準備段階から1〜3ヶ月は最低でも見ておく必要がありますので、せっかくの仕事を逃さないためにも建築業許可は取っておきましょう。

バッジ

建築業許可申請にかかる費用や相場について

建設業許可の申請にかかる費用は、許可の種類によって変わります。まず大臣許可と知事許可とで違いがあり、それぞれ一般または特定のみと一般と特定の両方とで更に違いがあります。大臣許可の場合は、一般または特定のみの場合15万円、両方の場合30万円です。知事許可は、一般または特定のみが9万円、両方の場合は18万円です。知事許可の場合、自治体で手数料が異なる場合があるので、あらかじめ確認しておきましょう。重要なポイントは、これら手数料は、例え許可が下りなくても返って来ない点です。不備があって自分で取り下げた場合でも、払ったものは返って来ませんので厳重に注意しましょう。前もって準備すべき資料も多く複雑ですし、間違えては損ですから、建築業許可は行政書士に依頼するのがおすすめです。

広告募集中